クリック証券が実現した本格FX取引!取引手数料「完全無料」で登場!

2010年08月01日

FX倍率、8月から上限50倍に

FX倍率、8月から上限50倍に

 1日から金融庁は、外国為替証拠金(FX)取引で、顧客が預けた金額の何倍まで取引可能かを示す「証拠金倍率(レバレッジ)」に規制を導入し、レバレッジの上限が50倍までに制限されることになった。

 金融庁は高レバレッジをかけることで投資家が突発的な為替相場の変動で大きな損失を負うリスクを防止することを目的として規制を導入、2011年8月にはさらに規制を厳しくし、レバレッジの上限を25倍にする予定であるという。

 レバレッジが制限されることで投資家が高リスクから保護される一方、小額の資金でハイリターンを得られることが魅力であった小額の手持ち資金で楽しんでいた一般個人投資家からはFX取引の魅力が薄れることが懸念されている。

 FX取引業者としても、金融庁の規制導入によって取引の健全性が高まるものの、顧客にとっては小額の元手でハイリターンを得られる魅力がなくなるため、投資商品としてのFX取引の魅力が薄れることが懸念されている。

http://jp.ibtimes.com/article/biznews/100801/58378.html


-- 引用ここまで

いよいよ今日から証拠金倍率の上限が50倍に。
どのような影響が出てくるか、相場に対する影響はどうか、
今後注視していく必要があるようです。
posted by FXレバレッジ規制研究会 at 22:59| レバレッジ規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX:トラブル多発で規制 きょうから、証拠金上限50倍

FX:トラブル多発で規制 きょうから、証拠金上限50倍

 ◇証券大手、手数料値下げ合戦
 外国為替証拠金取引(FX)について、少ない証拠金で高額を取引できる「証拠金倍率(レバレッジ)」に、1日から上限50倍の規制が導入される。個人が巨額損失を被るケースなどが目立っていたため。中小業者の廃業が増えるとの見方がある一方で、株式市場の低迷に頭を抱える証券大手各社は、取引手数料の値下げで顧客の囲い込みに乗り出している。

 FXは98年に解禁され、急成長。少額の証拠金で600倍もの為替取引ができる業者なども台頭した。だが、その陰で、巨額損失のほか、悪質業者が証拠金をだまし取る行為などで社会問題化。金融庁は05年にFX業者の規制・監督を強化。今年2月には証拠金を信託銀行に預託することなどを義務付けた。8月1日から50倍に規制されるレバレッジの上限は、来年8月には25倍に引き下げられる。

 一連の規制強化で数百社あったFX業者は100社前後に激減。個人投資家の多くが透明性が高く、税制優遇も受けられる東京金融取引所のFX市場「くりっく365」へ移行するとみられている。

 大和証券は昨年11月、証券大手で初めて「くりっく365」に参加。今年2月には、取引単位当たりの手数料を期間限定で168円から52円に値下げするキャンペーンを展開。その後、29円にまで下げた。野村証券も8月末から「くりっく365」に参加。手数料も1カ月間、150円から25円に引き下げる方針だ。これに対して、大和は8月から通常料金に戻す方針を取りやめ、野村と同じ25円に値下げする。

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100801ddm008020046000c.html


-- 引用ここまで

いよいよ今日から導入された、レバレッジ規制・証拠金倍率規制。
今年8月からは最大50倍、来年8月からは25倍に規制されます。
さて、どのような影響がでるのでしょうか。
posted by FXレバレッジ規制研究会 at 22:54| レバレッジ規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。