クリック証券が実現した本格FX取引!取引手数料「完全無料」で登場!

2010年03月19日

日本のFXレバレッジ規制

日本でのレバレッジ規制はどうなるのか。

金融庁は、FX取引におけるロスカットルールの整備・遵守の義務付けなどを盛り込んだ「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」を公表しました。FXでは、投資家が入金した保証金を大きく上回る金額の取引ができる一方、わずかな為替相場の変動で巨額の損失が生じる可能性もあります。このような仕組みによる相場の急変を封じ、また過度に投機的な取引を規制することで、投資家保護やFX取扱業者の財務状況急変を抑制するのが、今回の規制の狙いのようです。

FX(店頭FX)については、証券取引等監視委員会が、投機的な取引の規制について金融庁に働きかけていたようです。
具体的には、★証拠金(保証金)の何倍のレバレッジで売買が可能かを示す証拠金倍率の規制、★保証金に対する損失が一定割合以上になると自動的に決済する、ロスカットルールの制定、★投資家の保証金の区分管理見直し、★FX業者の認可申請手続きの見直し、で見直しを求めたそうです。

金融庁は、このうち証拠金規制以外の3分野については改正案に盛り込んだほか、スプレッドや手数料が特に低い取引における留意事項も加えているそうです。さらに、今回のレバレッジ規制に続いてFX信託保全に関しても法規制ができてくることが予想されています。
posted by FXレバレッジ規制研究会 at 22:41| レバレッジ規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。