クリック証券が実現した本格FX取引!取引手数料「完全無料」で登場!

2010年08月01日

FX倍率、8月から上限50倍に

FX倍率、8月から上限50倍に

 1日から金融庁は、外国為替証拠金(FX)取引で、顧客が預けた金額の何倍まで取引可能かを示す「証拠金倍率(レバレッジ)」に規制を導入し、レバレッジの上限が50倍までに制限されることになった。

 金融庁は高レバレッジをかけることで投資家が突発的な為替相場の変動で大きな損失を負うリスクを防止することを目的として規制を導入、2011年8月にはさらに規制を厳しくし、レバレッジの上限を25倍にする予定であるという。

 レバレッジが制限されることで投資家が高リスクから保護される一方、小額の資金でハイリターンを得られることが魅力であった小額の手持ち資金で楽しんでいた一般個人投資家からはFX取引の魅力が薄れることが懸念されている。

 FX取引業者としても、金融庁の規制導入によって取引の健全性が高まるものの、顧客にとっては小額の元手でハイリターンを得られる魅力がなくなるため、投資商品としてのFX取引の魅力が薄れることが懸念されている。

http://jp.ibtimes.com/article/biznews/100801/58378.html


-- 引用ここまで

いよいよ今日から証拠金倍率の上限が50倍に。
どのような影響が出てくるか、相場に対する影響はどうか、
今後注視していく必要があるようです。


posted by FXレバレッジ規制研究会 at 22:59| レバレッジ規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。