クリック証券が実現した本格FX取引!取引手数料「完全無料」で登場!

2010年04月27日

静かなブーム、海外FX業者の明と暗

引用:
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/fx/news/20100420-OYT8T00419.htm

静かなブーム、海外FX業者の明と暗

レバレッジ規制で、海外へ逃げ出す投資家も
 「日本で50倍以上のレバレッジがかけられなくなるなら、海外のFX業者を使えばいい」。そう話すのはあるベテランFXトレーダー氏。

 8月1日から始まるレバレッジ規制により、日本のFX会社ではレバレッジの上限が50倍に設定される。現状の400倍も当たり前といった水準からすると、厳しい規制のようにも見える。そこで考えられた「抜け道」」が海外FX会社だ。

 とはいえ、アメリカでもレバレッジ規制の議論が進行中で、現状では100倍程度に落ち着くことが濃厚。日本と大差はない。

人気を集めるイギリスのFX会社
 イギリスやタックスヘイブンと呼ばれる一部の国など、FXのレバレッジに対する上限を定めていない国も多い。そうした国のFX会社に口座を開設すれば、日本人であっても、これまで通りハイレバレッジのFXを満喫できるのだ。

 とくに最近人気なのがイギリスだ。イギリスなら国家としての信用度も高く、取引システムが成熟した使いやすいFX会社もたくさんあるからだ。

 日本と同様に信託保全の仕組みも備わっている。投資家にとっては、安心感が高いようだ。

海外業者の利用、リスクも多い
 しかし、海外FX会社の利用には、気をつけないといけない点も多い。海外送金は手間も時間もコストもかかるし、海外FX会社を利用すれば米ドルにせよ英ポンドにせよ外貨建てとなるのが基本なので、日本人は円高リスクを背負うことになる。「FX取引では利益が出たのに、円高のせいで円換算した収益はマイナス」という可能性だってある。

 もうひとつが税金だ。海外FX会社を利用している人でも日本に居住していれば、日本での納税義務が発生する。それを忘れて「うっかり申告漏れ」のリスクも高まるだろう。

 また、過去にはアメリカの大手FX会社レフコが経営破綻し、預けた証拠金が失われるという事件もあった。経営状況をよくチェックしてFX会社を選ぼうにも、海の向こうの会社であれば情報は限られ、チェックも甘くなりがちになる。

 日本であれば、幸か不幸か金融庁のFX業界を見る目も厳しくなっており、経営への監視も厳格になってきている。信託保全の義務化によって資金の安全性も高まっており、よほどの事情がない限りは日本のFX会社を選ぶのが得策だ。

引用:
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/fx/news/20100420-OYT8T00419.htm


なるほど、その手があったか!
ただやっぱり、手続きの猥雑さ、送金の手間なども考えると、よほどメリットがある人でない限り、かえって面倒になるだけかもしれませんね。
海外FX業者を使って無申告の人とか意外と居そう・・・でも海外に大金を送金したら目立っちゃいますかね。税金はきちんと正しく申告しましょう。
posted by FXレバレッジ規制研究会 at 21:04| FX投資手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。